Fitness イベント レポート

全国各地のフィットネス関連イベントを JFならではの視点で報告!
より詳しくは、写真も満載の本誌でぜひご覧ください。

月刊ジャパンフィットネスは、全国からイベントレポートを募集中!

掲載ご希望の方は、月刊ジャパンフィットネス編集部(info@fit-j.jp)宛に、お名前、日時、場所・会場、主催者などの情報を明記の上、「イベント報告」という件名にてメールでお申し込みください。(掲載は無料です)

※編集部で選考後、イベントの詳細と当日の模様が分かるテキスト・写真データ(7~9点)をお送りいただきます。 掲載の有無は、編集部が選考の上、決定いたします。予めご了承ください。

2016.12.26 UP

[福岡・幕張] 2016 Asia ZUMBA Conference
 in HAKATA, in MAKUHARI
11/23(水・祝)福岡国際会議場・多目的ホール
11/26(土)27(日)幕張メッセ・イベントホール&展示ホール6

● 主催:(株)Japan Wellness Innovation(JWI)
● 撮影:阿部謙一郎(MAKUHARI・表紙) PHOTO Style(HAKATA) 本誌編集部(MAKUHARI)

新たにHAKATA会場も加わり、
ワールドワイドな参加者約4,000名が熱く集った!!

世界185ヵ国、1,500万人以上が毎週レッスンを受講している、大人気のワールドワイドなフィットネスダンスプログラム“ZUMBA ズンバ”のアジア最大規模の祭典「2016 Asia ZUMBA Conference」が開催されました。今年は新しくHAKATA会場が加わり、11月23日(水・祝)に福岡国際会議場・多目的ホールにて約1,000名の参加者が集い、開催されました。そして11月26日(土)27日(日)には、今年で3年目となるMAKUHARI会場(幕張メッセ・イベントホールと展示ホール6)で開催され、延べ約3,000名がZUMBAを満喫しました。

プレゼンターは、ZUMBAの創始者Beto Perezをはじめ5組(Steve Boedt・Nick Logrea・Mario Gutierez・Benjamin Richard・Rodrigo Angello)が来日し、Special ZUMBA PartyやWORKSHOPなどパワフルで華麗なコリオとパフォーマンスで参加者の心と身体を魅了しました。また、大好評の目玉企画「Fitness Concert」では、昨年に引き続きゲストに日本からアジア初オフィシャルZUMBAアーティストのAISHAとアメリカから大人気シンガーのMax Pizzolanteを迎え、ZUMBAビートに乗って歌声を会場に響かせました。

また、VAMOS AREAではZUMBAの新プログラム「Strong by ZUMBA」の第一人者のAiLee Syarefを招き、日本初レッスンを開催し、DJ TSUBASAとMC ZANEとのコラボによる「ZUMBA in da CLUB」や「Storong by ZUMBA」レッスン、「ZUMBA Fiesta Caliente」、最新ZUMBAウエア販売なども行われました。さらに27日(日)は、日本で初めてZIN VOLの撮影を行い、2月に全世界のZINに配信される予定です。

両会場とも年齢、性別、国籍を越えて、バラエティに富んだZUMBAを存分に堪能でき、ますますZUMBAの魅力にはまって、大満足の3日間でした。

2016.12.26 UP

[東京] 過去最多50チームが参加
第10回 太極拳発表会

● 10月23日(日)@府中市グリーンプラザけやきホール(東京都府中市)
● 主催:NPO法人日本フィットネス太極拳協会

NPO法人日本フィットネス太極拳協会が、10月23日(日)に府中グリーンプラザけやきホールで「第10回太極拳発表会」を開催しました。
この発表会は、年に一度、協会の理事たちが集まり、各教室で健康で楽しく太極拳をしている方々が交流する大会で、一年の練習成果を発表するお祭りのようなイベント・発表会です。

今回は節目の第10回ということで、参加賞として記念Tシャツが配られました。明るいブルーを基調としたTシャツには、太極拳9種目と健身気功9功法のポーズが日本列島のように描かれ、これからも日本中に太極拳と健身気功を普及させていくという理事長の夢が盛り込まれています。

当日は、東京からはもちろん、栃木県宇都宮市、静岡県沼津市から太極拳でつながったファミリーが集結。過去最多の50チームが参加しました。協会理事長の穆子彦(ムー・ズィエン)さんから、来年の第11回目も開催しますとのメッセージもあり、大盛況の内に終了しました。

2016.12.26 UP

[神奈川] 世界初の近未来フィットネス
プロジェクションワークアウト 体験イベント

● 11月24日(木)@湯けむりの庄内 PRiME fitness & spa(神奈川県横浜市)
● 主催:(株)プロジェクションワークアウト

プロジェクターにより映し出された映像空間で行う世界初のフィットネスプログラム「プロジェクションワークアウト」の体験イベントが、11月24日(木)横浜市港北区にあるPRiME fitness & spaにて行われました。
当日は、東京都心・横浜で54年ぶりに11月に初雪が観測されたあいにくの天候でしたが、たくさんの方の参加があり、新しいフィットネスプログラムを体験しました。体験イベントは、1部と2部で行われ、全国で活躍しているインストラクターがレッスンを担当しました。

1部では高山英士さんによるファンクショナルと規矩圭造さんによるヨガ、2部では原田京さんによるダンスと規矩圭造さんによるヨガのレッスンが展開されました。プロジェクションワークアウトは、レッスンを担当した高山英士さん、規矩圭造さん、原田京さん、この日レッスンの担当はなかった宅見啓司さん、小森明日香さんなど全国で活躍するインストラクターがプログラム開発に関わっています。

すでに養成コースや施設導入も始まり、話題のプログラムということもあり、多数のフィットネスクラブ関係者やメディアの方の参加・見学もありました。

2016.12.26 UP

[東京] 2016年のテーマは「呼吸[Breathing]」
PILATES WORLD 2016

● 11月18日(金)~20日(日)@BMS R Lab 1・2、ピラティススタイル五反田、basiピラティス五反田、大崎ブライトコアホール
● 主催:PILATES WORLD 2016事務局[(株)ぜん]

basiピラティスジャパンなどを運営する(株)ぜんが主催する世界最大級のピラティスカンファレンスで、今年で7回目を迎えた「PILATES WORLD」。世界で活躍するピラティスのトップ講師を招き、ピラティスについての正しい理解・可能性と本質を学ぶことを目的としたイベントです。

また、流派や団体の枠組みを超えての交流・情報交換の場も兼ねているのも特徴です。
第7回目となる今回は、11月18日(金)~20日(日)五反田、大崎の5つの会場を使用して行われました。今回のテーマは、「呼吸」。

海外からの講師は、理学療法学の最先端であるアメリカからマイアミ大学理学療法学部の特任教授を務め、ピラティスを用いたリハビリテーションのパイオニアであるブレント・アンダーソンさん、ロサンゼルスで唯一のSTOTT PILATES公認ライセンストレーニングセンターJohn Garey Fitness and Pilatesのプログラムディレクターでもあるジョン・ギャリーさん、ドイツよりBASIピラティスのインストラクター、ファカルティメンバーのマリオ・アルフォンソさんを招聘。

国内からは、青木 ポール 紀和さん、今岡美雪さん、扇谷孝太郎さん、大貫崇さん、貝谷久宣さん、櫻井淳子さん、鈴木智さん、武田淳也さん、永木和載さん、西浦莉紗さん、波田野征美さん、Makiさん、Michiyoさん、蓑輪顕量さん、本橋恵美さん、山口由紀さん、若狭利男さんなど国内外で活躍するピラティス講師、整形外科、大学教授、アスレティックトレーナー、ヨガ講師の方などを招き、内容の濃いプレゼンテーションやワークショップが展開されました。

2016.12.26 UP

[大阪] PMAゴールドサティスファイドティーチャー
エリザベス・ラーカム氏 来日セミナー

● 10月6日(木)・7日(金)@ピラティススタジオ カラーズ大阪(大阪市中央区)
● 主催:Body Element System JAPAN

大阪市中央区にあるピラティススタジオ カラーズ大阪にて、10月6日(木)・7日(金)PMAゴールドサティスファイドティーチャーのエリザベス・ラーカム氏によるピラティスセミナーが、開催されました。

エリザベス・ラーカム氏は、ファーストジェネレーションのRon Fletcher氏、Eve Gentry 氏、Carola Trier 氏、Romana Kryzanowska 氏、Bruce King氏からピラティスを学び、スタンフォード大学・サンフランシスコ大学・Saint Francis Memorial Hospitalなどで、ピラティスを指導。指導歴は35年以上の実績があり、現在も世界各国で活躍している方です。

セミナーでは、プレピラティス、マットピラティス、筋膜へのアプローチ、脳と身体の関係をテーマに身体の隅々まで意識を向けた繊細なアプローチ方法まで学びました。Body Element System JAPANでは、2月に静岡で開発者のTrent Mcentire氏によるセラピックピラティスツール「Arcus(アーカス)」のセミナーの開催も予定しています。

2016.11.25 UP

[福井] 今年のテーマは、「福井から健康発信~自分の健康は自分で守る~」フィットネスカーニバル 2016 in FUKUI

● 10月10日(月・祝)@アオッサ8F 県民ホール(福井県福井市)
● 主催:特定非営利活動法人 生涯体育学習振興機構

高齢者から幼児まで、すべての福井県民を対象に生涯体育学習の普及、指導員の育成、生涯体育の復興・普及を行っているNPO法人 生涯体育学習振興機構が主催して、10月10日(月・祝)にアオッサ8F 県民ホールにて「フィットネスカーニバル2016 in FUKUI」が開催されました。

当日は、親子体操、コンディショニングトレーニング、初企画のフィットネス発表会、福井県内で活躍しているインストラクターによるレッスンなど、大人から子ども、赤ちゃんまで楽しんで参加できる内容で行われました。また、スペシャルゲストとして、本誌読者にもお馴染みの金子智恵さん・三浦栄紀さん・島田厚さん・牧直弘さんによるスペシャルレッスンも行われました。
主催したNPO法人 生涯体育学習振興機構 理事長の漆崎由美さんから、来年の開催も予定していますとのメッセージもありました。

2016.11.25 UP

[東京] アメリカと中国から講師が来日
「アフリカンダンス」と「健身気功」スペシャルイベント

● 10月24日(月)@代々木オリンピックセンター スポーツ棟・体育室5(東京都渋谷区)
● 主催:NPO法人日本フィットネス太極拳協会

太極拳と健身気功の普及、指導者の養成等を行っているNPO法人日本フィットネス太極拳協会主催で、10月24日(月)代々木オリンピックセンター スポーツ棟・体育室5にてアフリカンダンスと健身気功のスペシャルイベントが開催されました。

最初のレッスンは、アフリカンダンス。講師は、ガーナ生まれで現在アメリカ・ジョージメイソン大学でダンスの講師、フィットネスネスコンサルタント、自身のオリジナルプログラムの「Kukuwa Dance Workout」と、アメリカはもちろんヨーロッパ・アジア各国でインストラクターの育成などを行っているKUKUWAさん。今回は、愛娘CASSYさんも講師を担当しました。レッスンでは、CASSYさんによるアフロビート、KUKUWAさんによるアフリカンダンスの基本の動きやステップが行われました。

アフリカンダンスの次は、健身気功のレッスン。講師は、中国河南省生まれで武漢体育大学大学院卒業、2012年より中国健身気功ナショナルチーム主将を務め、2013年第5回国際健身気功交流大会(ニューヨーク大会)第1位に輝いた胡少輝(こ・しょうき)さん。動きはもちろんですが、中国語の正しい発音の仕方など丁寧にレクチャーしていました。

主催したNPO法人日本フィットネス太極拳協会の代表、穆 子彦さんから「来年もこのようなスペシャルイベントを行いたい」と参加者に伝えていました。

2016.11.25 UP

[全国] ビクラムヨガスタジオの1号店が日本にできて10年目
ビクラムヨガ創始者のビクラム・チョードリー氏、来日ワークショップ

● 10月15日(土)@ビクラムヨガ京都、10月16日(日)@ビクラムヨガ大阪本町、10月21日(金)・22日(土)@ビクラムヨガ銀座、10月23日(日)@ビクラムヨガ新宿
● 主催:(株)ぜん

ホットヨガの生みの親として知られているビクラムヨガは、1970年から約40年の歴史を持ち、現在ビクラム・チョードリー氏の認定を受けたスタジオは世界60ヵ国で1,500店舗以上になります。
この度、ビクラムヨガスタジオの1号店が日本にできて、ちょうど10年目に当たることを記念して、ビクラムヨガ創始者のビクラム・チョードリー氏が来日し、日本で初めてワークショップを開催しました。

ワークショップは、(株)ぜんが運営しているビクラムヨガスタジオ(札幌・川越・銀座・新宿・京都・大阪の6店舗運営)で、10月15日(土)~23日(日)の間に4会場・5日程で行われました。
各会場では、スタジオ内でポーズの効果・効能の講義を座学形式で行われ、ビクラムヨガのティーチャー・トレーニング・コースの後半に4日間かけて行っているのを特別に2時間に圧縮して行われたポスチャークリニック、26種類のポーズと2種類の呼吸法をビクラム氏に矯正してもらいながら進めるマスタークラス、サイン会や写真撮影会などが展開されました。

2016.11.25 UP

[東京] 20年前にドイツで誕生したプログラム
「bodyART」の創始者2名が来日 bodyART Festival’16

● 10月30日(日)@FLUX Conditionings(東京都渋谷区)
● 主催:bodyART Training Japan事務局

bodyART Trainingは、ドイツ発のプログラムで世界25ヵ国以上に広がっているマットの上で全身を動かすファンクショナルトレーニングです。心と身体のライフバランスを整える東洋医学の「陰陽論」または「五行学説」をコンセプトに取り入れています。日本では、(株)チャックウィルソンエンタープライズが、2015年より日本のフランチャイズ契約をドイツ本部と結び、bodyART Training Japanとして、日本で展開しています。

bodyART Training Japan主催で、10月30日(日)FLUX CONDITIONINGSにて創始者のRobert Steinbacher氏とAlexa Le氏がスイスより来日し「bodyART Festival '16」が開催されました。
イベントでは、筋力強化&柔軟性&スタミナ向上の3つにフォーカスした bodyART Pure、有酸素運動系高強度トレーニングの deepWORK、筋膜に特化したトレーニング bodyART Myofacial、bodyARTの基本のレッスン bodyART Basic、アスリートやプロスポーツ選手向けのトレーニングBAX(bodyART Extreme)、アクティブストレッチとフローに焦点を置いた bodyART Stretchなど新しいプログラムも展開しました。

Japan事務局マネージャーであり養成講師と通訳を務める「なかむら あや」さんを中心に日本人インストラクターも講師にサポートに活躍していました。参加者は、10代から50代まで幅広い年齢層の方が参加し、創始者から直接指導を受ける貴重な機会を楽しんでいました。
(撮影:Tabia Chuiさん)

2016.11.25 UP

[宮城] ハロウィン気分でエアロビック
第26回エアロビック フェスティバル in 仙台

● 10月30日(日)@泉体育館(宮城県仙台市)
● 主催:宮城県エアロビック連盟

10月30日(日)、仙台市泉区の泉体育館にて、毎年恒例の「第26回エアロビックフェスティバル in 仙台」が開催されました。

第1部の「フィットネスダンス発表会」では、たくさんのチームが演技を披露しました。
チャレンジエアロ部門ではユースのアスリートたちが、エンジョイエアロ部門では専門学校生のチームや愛好者のチームが出場。ジャンルを問わないオールジャンルダンス部門には、チアダンス・ラテンダンス・ジャズダンス・HIPHOP・ベリーダンスなどさまざまなジャンルのダンス好きな方々のチームによる多彩なパフォーマンスを見ることができました。参加者は、毎年このステージで演技することを楽しみにしているようでした。

第2部の「リレーレッスン」では、地元仙台の人気インストラクター7名による2時間超えのフィットネスエクササイズを楽しみました。エアロビック・ダンスエアロ・HIPHOP・エアロマニア・ラテンダンス・格闘技系など「普段受ける機会の少ないレッスンにも挑戦して刺激になった」という声が聞かれました。
また、ハロウィンシーズンということもあり、仮装を楽しむ参加者も多数いました。各パート毎に協賛各社からの豪華賞品のプレゼントもあり、参加者は大喜びでした。

2016.11.25 UP

[兵庫] 17年前に始まったストリートダンスフェスティバル
DANCE BOX Vol.23

● 10月10日(月・祝)@神戸ファッション美術館オルビスホール(兵庫県神戸市)
● 主催:DANCE BOX実行委員会

10月10日(月・祝)の体育の日に、ストリートダンスフェスティバル「DANCE BOX Vol.23」が開催されました。17年前に始まった「DANCE BOX」は、実行委員会のメンバーもスポーツクラブで出会ったダンス仲間、観客もスポーツクラブやダンススタジオなどで知り合ったダンス仲間たち。

長寿イベントとなりつつある「DANCE BOX」は、長い年月を経る間に、引っ越しやお気に入りのレッスンを探しての移動など、様々な理由で離ればなれになった仲間たちの再会の場、新しく出会ったチームの紹介の場、今の姿、今のダンス、今の輝きを見せる発表の場として、ダンスを通して絆を深める社交場となっています。

今回は、初出場のチームも多く、このイベントの趣旨としてきた「ダンスを楽しむ」ことをさらりと自然に表現してしまうチームもあり、ベテラン勢と新星が融合した魅力あるイベントになりました。
(取材・撮影:野村昌代さん)

2016.11.25 UP

[山形] 25周年記念 アミノバリューカップ 全日本エアロビックフェスティバル
第4回 SUPER美AEROBI 全国大会 in 上山

今年で25周年記念を迎える、エアロビック愛好者の祭典「アミノバリューカップ全日本エアロビックフェスティバル」が、山形県上山市の三友エンジニア体育文化センター(上山市体育文化センター)で開催されました。

今年は、0歳から82歳までの過去最高の約1,100名が参加しました。内容も参加者のニーズに対応した新しい企画が取り入れられ、25周年記念として参加料金も大幅に値下げしました。フェスティバルのスタートは、1チーム6名以上で約2分間の演技を行う「The 発表会」。参加チームは昨年の18チーム190名から大幅に増え46チーム520名が参加。発表は4部に分けられ、エアロビックやダンスなど様々なパフォーマンスが披露されました。

午後からは、恒例のかしのき幼稚園児によるマーチングバンド・大会セレモニーでスタートし、フェスティバルの目玉である「SUPER美AEROBI(スーパーエアロビ)」が行われました。子供から大人まで自由で個性的な仮装コスチュームに身を包み、リードインストラクターの動きに合わせて、思いっきりエアロビックを楽しみました。また、コスチューム・パフォーマンス性を競い、素晴らしい賞品が贈られました。

最後に、新企画として公開レッスンが行われ、第1部ではZUMBA、第2部ではリレーレッスンに心地よい汗を流しました、エントランスホールでは「山形うまいもの自慢」コーナーが設けられ、上山をはじめ山形県産の農産物・軽食などを試食、販売されました。子どもから大人までエアロビックを楽しんだ、思い出に残る一日になりました。 (※全日本エアロビックフェスティバルホームページもご覧ください)

【SUPER美AEROBI(スーパーエアロビ)】

●第1ステージ(エンジョイステージ)20分間
このステージはエアロビック未経験者も仮装とエアロビックで大いに楽しめる内容。リードの動きに合わせて無理なく参加できます。団体の部は2名以上でエントリー。統一性のあるコスチュームで参加されるチームがコスチューム大賞団体の部の表彰対象となります。

●第2ステージ(競技ステージ)30分間
第1ステージに参加し、体力に自信のある方なら続けて参加できます。但し、小学生以上、アマチュアのみ。大人の部・ジュニアの部(中学生以下)のそれぞれ第1位を投票。投票数の多い順に大人の部・ジュニアの部の優勝・準優勝・第3位を決定します。審査ポイントはエアロビックの基本動作とスーパーエアロビの特性としてコスチューム・パフォーマンス性のポイントが重視されます。

【大会会長・横戸長兵衛上山市長からのメッセージ】

上山市開催は本年で節目の15回目を数え、市民やエアロビックユーザーに定着しており、たいへん嬉しく思っています。エアロビックは、誰もが気軽に行うことができ、エアロビックユーザー同士が交流を深めることのできる、まことにすばらしいスポーツです。本大会におきましても、参加者が仮装でエアロビックを行い、競技として競う部分と楽しむ部分の両面を持っていることが素晴らしいと思います。毎年来ても飽きない、毎年来たくなるような企画・運営を行っていることに感謝しています。今後とも、エアロビックを通じてスポーツ振興を図っていくため、皆様方のお力添えを賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。
また、上山市では、交流人口の拡大と、市民の健康増進を目指し、「上山型温泉クアオルト事業」として、 里山を利用した健康ウォーキングや温泉・自然・食などの地域資源を活用した様々な事業を展開しておりますので、ぜひ皆様からもお越しいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2016.10.26 UP

[東京] 瞑想の秋スペシャル対談 Chuck Miller × 山下良道
How to deal with your mind ~マインドへの向き合い方~

● 9月16日(金)@目黒不動尊(東京都目黒区)
● 主催:BMS R-Lab

ピラティスやヨガ、ボディワーク系エクササイズのワークショップ・セミナー・養成コースを主催しているBMS R-Lab主催で、9月16日(金)関東最古の不動霊場の目黒不動尊にて「How to deal with your mind -マインドへの向き合い方-」が、開催されました。

当日は、米国で最も養成コースの受講生が多い「YogaWorks」の創設者で、現在上級アシュタンガヨガの指導者であるチャック・ミラー氏、世界で活躍する一法庵の山下良道氏の二人のマスターによる瞑想・マインドフルネス・ヨガについてのスペシャル対談が行われ、140名以上の参加者が集まりました。

チャック氏はもともと日本にあった“禅”や“仏道”から解かれたマインドとの向き合い方が、西洋の言葉で“マインドフルネス”と言い換えられたために、元々日本に根付いていた考え方を見失ない、その深い学びを求めて海外に行く傾向に疑問を感じています。一方、山下氏は西洋の現代のヨガは身体的なプラクティスが多く、瞑想に至る練習に偏りがあり、マインドが伴っていなのではないかと考えています。

瞑想(観法)のプロ中のプロということで、瞑想の実践もおこないつつ、 八支則と仏道の土壌で長年マインドと向き合ってきた二人の視点で、“マインドフルネス”の概念を共有し、本質を見つめ直す対談となりました。尚、今回の参加費の一部をYoga Gives Back(ヨガギブスバック)に寄付しました。

2016.10.26 UP

[東京] 楽しくテニスをしながら美しい身体作りを目指すイベント
テニス&フィットネス

● 9月17日(土)@有明テニスの森(東京都江東区)
● 主催:ダンロップスポーツ(株)

ダンロップスポーツ(株)は、「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント(以下「東レPPO」)」会場内で、9月17日(土)にテニスとフィットネスを融合した独自のプログラム「テニス&フィットネス」のイベントを開催しました。
イベント開始前、参加者全員が体組成計に乗り身体データを計測、ゴムバンドの活動量計を腕に装着し、運動を開始しました。

第1部の「テニス&フィットネス(約60分間)」では、スキップや軽いダッシュ、ラダーや大縄を使ったウォーミングアップから、簡単な球出しからボールを打つ、フィットネスクラブのトレーナーによるテニスの動きをイメージしたオリジナルのエクササイズプログラムを実施。その後、再度同じ球出しを行いました。

第2部では、フィットネストレーニングの効果を感じてもらいながら、プロ選手とのラリー(約50分間)が行われました。「東レPPO」予選の試合終了直後にも関わらず、マグダ・リネッテ選手が飛び入りで参加。参加者は、現役プロ選手のボールを受けることができ、満足している様子でした。また、そのあとすぐに土居美咲選手も登場し、盛り上がりは最高潮となりました。

合計約110分間の「テニス&フィットネス」と「プロとのラリー」終了後、装着していた活動量計を回収し、データを抽出。参加者1人1人にデータを渡し、消費カロリー順位の発表がありました。男性1位は520.5kcal、女性1位は384.4kcalと、とても効果のある結果が出ました。今回実施した「テニス&フィットネス」ですが、さらに展開を広げていく予定とのことです。

2016.10.26 UP

[埼玉] はじける元気な子供たちの笑顔が輝いた
JUMP!~JWI Kids Performance Connection~

● 9月22日(木・祝)@キラリ☆ふじみ(埼玉県富士見市)
● 主催:(株)Japan Wellness Innovation with Tumboo55

9月22日(木・祝)に、埼玉県富士見市のキラリ☆ふじみにて、キッズイベント「JUMP!~JWI Kids Performance Connection~」が開催されました。このイベントは「身体を動かすことの楽しさを体感するとともに、子供同士や親子の絆、社会への繋がりを感じる機会になればと」という趣旨で、(株)Japan Wellness Innovation と相澤かおりさん主宰のTumboo55とのコラボで企画されました。

プログラムの第1部は、JUMPオリジナルの準備体操ダンス「JUMP! プレップダンス」で、まずはウォームアップ。続いてアクティビティとして、身近なもので遊びながら動く「あそびトレーニング」では雑巾がけリレーを行い、参加型ダンスレッスンの「JUMP! セッション」で終了しました。

第2部は、チーム発表会「JUMP!ライブ」では、19チーム131名が日頃の練習の成果を披露しました。会場は子供達の熱気とともにお父さんやお母さんたちの温かい眼差しに満ちあふれていました。

2016.10.26 UP

[東京] 子どもから大人まで楽しく快適に運動
第21回 踊runや

● 9月25日(日)@港区スポーツセンター サブアリーナ(東京都港区)
● 主催:草創塾

年に1回の草創塾恒例運動イベント「踊run(らん)や」が9月25日(日)、公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団による特別共催のもと、港区スポーツセンターにて開催されました。北は岩手、西は大阪から幅広い年代の方々が多数集いました。

プログラムは2部構成。第1部は「ハリ・コリ・痛みよさようなら、の運動教室」と称して、草創塾副代表の小林さくらさんが担当。レジュメにそって動きの法則を説明しながら運動を行い、参加者はその説得力にうなずいていました。
第2部の「リズムに乗って楽に!楽しく!動こう」では、草創塾代表の大山恵美子さんと小林さんのリードにより、協賛のブラボーグループの音楽を使用して、簡単なフットワークやパンチ、キックなどの動きをはじめ身体も気持ちも快適になる運動に心地良い汗をかきました。
最後は、協賛各社から全員に商品がプレゼントされ、参加者全員が想い出深いフィットネスな一日を満喫しました。

2016.10.26 UP

[東京] 日本、中国の武術・音楽・文化が共演
第1回日中友好 武術文化発表会

● 9月1日(木)@国立代々木競技場 第二体育館(東京都渋谷区)
● 主催:(株)ナセバスポーツジャパン

練功気功法・太極拳の指導者養成や快晴太極拳教室運営等を行っている(株)ナセバスポーツジャパン主催で、9月1日(木)国立代々木競技場 第二体育館にて「第1回日中友好 武術文化発表会」が、800名の参加者を集め、開催されました。

今回のイベントは、「“親睦”愛好者の交流、“発表”練習の成果、“社会貢献”太極拳を多くの方々に見てもらい、やる気になってもらい、行う事により健康長寿が促進され、社会に貢献する」を主旨に開催した第1回目のイベントでした。
イベントでは、日中の武術・音楽・文化の共演として、日本と中国から特別ゲストが多数登場し、団体表演会、中国楽器演奏、日本武術 師範 表演(居合道)、中国武術 老師表演、集団演武、お楽しみ抽選会の内容で展開しました。

主催した(株)ナセバスポーツジャパン代表の大塚丈史さんから、2017年5月に第1回全日本オープン太極拳選手権大会開催との発表もありました。

2016.10.26 UP

[大阪] 「スポーツクラブ&スパ ルネサンス 豊中」主催
第1回 ルネサンスpresents プログラムスーパーライブイベント

● 9月19日(月・祝)@大阪市立青少年センターKOKO PLAZA(大阪府大阪市)
● 主催:スポーツクラブ&スパ ルネサンス 豊中

9月19日(月・祝)、新大阪にある大阪市立青少年センター「KOKO PLAZA」にて「第1回 ルネサンスpresents プログラムスーパーライブ」が開催されました。スポーツクラブ&スパ ルネサンス 豊中で人気の高いスタジオプログラム「ZUMBA」「RPBコントロール」「Group Fight」をはじめ、今回はイベントということで特別にルネサンスでは未導入ダンスプログラム「Group Groove」を実施しました。

ZUMBAは、関西で人気インストラクター、中塚奈々さん、妹尾愛さん、松本典昭さんが担当。RPBコントロールはなんと創始者でもある、あめのもりようこさんをゲストに迎え、この日一番の集客に。特別プログラムGroup Grooveは、MOSSAプログラムナショナルトレーナーのKAORIさんを迎え盛り上がりは最高潮に。

Group Fightでは、社内トップトレーナーが東西から総勢9名(KAORIさん・鈴木弘之さん・松本典昭さん・玉井秀明さん・福嵜良宏さん・岩井望美さん・佐藤梨絵さん・吉岡大さん・灘計摩さん)が集まり、お祭り騒ぎで最後を迎え、イベント参加者総勢215名の皆さんも大喜びでした。

主催したスポーツクラブ&スパルネサンス 豊中の福嵜良宏支配人から「これからも皆さんに喜んでもらえるイベントを継続開催したい」とのメッセージもありました。

jF-wORK フィットネス業界専門 求人・養成コース・セミナー情報(会員登録無料)
ジャパンフィットネスのフェイスブックはこちら
LINE@友だち追加

ジャパンフィットネスの
アカウントもできました!!

FacebookとTwitterでも最新情報を発信しています!! (LINEアカウントもできました)

ジャパンフィットネスのフェイスブック ジャパンフィットネスのツイッター LINE@ 友達を追加