勃起力アップ/精力増強方法徹底解説|勃起の持続力を回復したい方必見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
勃起力アップ/精力増強方法徹底解説|勃起の持続力を回復したい方必見

いざ、夜を女性と共にする…これから思いっきり満足させ、魅了したい!…でも、せっかく張り切ったのに、昔のように元気がなくて思うように満足させられない…こんなの絶対に嫌ですよね!

男性も50代くらいになってくると、段々衰えてくる勃起力・精力・持続力…2回戦なんてもう夢なのか、女性を満足させ、魅了してしまう…なんて、もう出来ないものなのか…そう悩んでしまう方も多いでしょう。

しかし、全く諦める必要はありません!しっかりと理論に基づいた方法を実践することで、勃起力や精力・持続力はしっかりと強くなり、昔のようなパワーは蘇ります!

でもそんな事を言ったって、年齢には勝てないよ…そんな諦めの声も聞こえてきそうです。

そのためには、勃起力・精力・持続力のそれぞれが衰えた原因を見極め、適切な対処が重要です。

それではこれから、それぞれが衰えてしまういくつかの原因と、その回復、増強のための10の方法など、わかりやすく解説していきます!

ぜひ自分に必要と思った方法を、取り組みやすいものから着実に実践してください。自分らしい逞しさは諦めない限り、取り戻せるものなのです!

ぜひ最後まで読んで頂き、自分にあった方法を組み合わせて、精力増強を実現しましょう!

50代、年齢のせい?性欲が湧き上がらない…精力減退の原因は

精力減退してしまうことには、ちゃんとした理由があります。しっかりとその原因を知ることは、適切な予防や対策に繋がります。

精力減退には、ストレスが大きく関わっています。

性欲が衰える原因①・身体的ストレス

身体的ストレスは一般的にいう「疲れ」です。長時間の労働や慢性的な寝不足は、身体に過度なプレッシャーを与え、体から精力を奪ってしまいます。

精力はいわば、子孫を残そうとする力です。しかし体のメカニズムとしては、身体が苦しいときは、自分の体から守ろうとします。

そのため、身体的なストレスがかかっているときは、精力を後回しにして、まずは体を休ませようとしてしまうんですね。

性欲が衰える原因②・精神的ストレス

精神的なストレスも精力を減退させる理由となります。身近な例で見ていきましょう。

例えば、仕事で大きな失敗をしているかもしれないというようなとき、大きな不安に襲われてしまって、何も手に着かなくなってしまうこともありますよね。

このような状況では、精力がまるで湧き上がってこなくなります。

何か気がかりなことや不安なことがあったりすると、そっちの問題を解決しようという気持ちが強くなってしまい、性的な魅力などは心が興味を示さなくなってしまい、精力減退に繋がります。

仕事の不安、プライベートの不安…人生に不安はつきものです。精力減退には「悩み」が原因の一つとなっていることあるので、当てはまるか考えてみると良いでしょう。

性欲が衰える原因③・食生活

食生活は毎日の生活の元気の源と言ってよいでしょう。食生活でみてみると、たくさん食べることが良いというわけではありません。食事ではしっかりと栄養価を考えて、バランスよく食べる必要があります。

脂質・糖質・タンパク質は栄養素の基本ですが、これらのバランスが整った食事を心がけましょう。

精力にとっては、毎日の生活習慣が非常に重要な要素です。よく動き、よく食べ、よく寝ることが精力減退を防ぎ、みなぎってくるような精力が維持されることになります。

しかし精力減退を防いだだけでは、満足なセックスにはたどり着きません。

セックスにおいて勃起力もまた大切な要素です。勃起無くしてセックスなし、続いては、勃起力が衰えてしまう原因を考えていきましょう。

勃起力が衰える原因とは

勃起力が衰える原因として、血流の乱れと心理的な要因が考えられます。なぜなら勃起のメカニズムを探ると、血流が非常に大きな役割を果たしているからです。

性的興奮を覚えると、大脳はペニスに向かう神経に信号を出し、静脈の筋肉を緩めます。それによって血管が拡張し、血液を陰茎海綿体に送られると、そこで勃起状態となるのです。

つまり、性的興奮を覚えるような心理状態になっていることと、スムーズな血流が重要なのです。

それでは、代表的な勃起力低下の理由を見ていきましょう。

勃起力が衰える原因①・加齢

精力や勃起力には性ホルモンが大きく関わっています。いわゆる男らしい・女らしいというのは、性ホルモンの分泌によって左右されます。

その性ホルモンの一つがテストステロンです。テストステロンは筋肉を増大させる、骨格を発達させるなど、男らしい体つきに成長させます。

当然、男らしさには勃起力も含まれます。残念ながらテストステロンは30代をピークに減少していってしまいます。

勃起力の衰えには、テストステロンの減少が大きく関わっていることは間違いありません。

勃起力が衰える原因②・血流が悪くなる

年齢を重ねていくと、血流が非常に悪くなる傾向があります。ケガをした際、患部の治りが悪くなることから、血流が悪くなったと感じることもあるでしょう。

脂質が多い食事をたくさん摂りすぎてしまうと、血流がドロドロになり、ペニスにうまく血液が送られず、勃起力が衰えます。

勃起力が衰える原因③・ストレス

身体的・精神的ストレスも勃起力の衰えの原因です。ストレスは、勃起するために必要な心理的要因に、大きな悪影響を与えてしまいます。

ストレスを抱えたままでは、勃起をしてもすぐに萎えてしまったり、勃起しづらくなったりします。

気持ち的に悩みを抱えていたり、身体的な問題があったりするような場合には、まずそれを解決することが先決です。

勃起力が衰える原因④・慣れ・マンネリ

勃起力の心理的要因において重要なのは「慣れ・マンネリ」です。

結婚したことは初々しかった夫婦も、月日が経ってくると熟年夫婦となります。お互いを理解しあった以心伝心の関係は心地良いのですが、残念ながら性的な魅力は感じづらくなってしまうものです。

相手に性的な魅力をあまり感じないというのは、なかなか厄介な問題です。セックスをするときの環境を変えてみたり、お互いの距離感を変えてみたり、刺激を感じられるような工夫をする必要もあるでしょう。

勃起が続かない…勃起持続力が衰える原因は

勃起力が持続しない原因は「心理的な要素」がとても重要です。

勃起力が回復しても、射精にいたるまでには持続力もまた欠かせません。途中で萎えてしまうと、お互いの関係にまで影響してしまうことがあります。

勃起の持続力が続かない原因としては、以下の要素が考えられます。

勃起持続力が衰える原因①・精神的ストレス

男性は年齢とともに、仕事の責任が増し、ストレスも抱えがちです。精神的なストレスを抱えている場合は、セックスの途中で萎えてしまうことが多くなります。

この場合勃起はしているので、精神的ストレスでも、仕事など他の原因からのストレスなどより、セックスそのものに対しての精神的ストレスである場合が多いとされます。

いつも同じようなセックスになってしまうマンネリ化なども、この精神的ストレスに挙げられます。

勃起持続力が衰える原因②・身体的ストレス

セックスにおいて「疲れ」は天敵です。健全な状態でなければセックスを満喫することはできません。特に仕事疲れなど、精神的なストレスと重なっているときは、勃起が持続しなくなることも多いでしょう。

セックスは、それ自体でも大きく体力を消耗します。一般的に、男性は100mを全力疾走するのと同じくらい体力を使うと言われます。つまり疲れがある状態では、勃起が持続しないのは当然と言えるのです。

セックスで2回戦が出来るようになるために

勃起の持続力を気にするケースには2パターンがあります。

  1. 1回戦目のセックスから中折れしてしまうタイプ
  2. 1回戦はしっかり楽しめるものの、2回戦目は全くできないというタイプ

①のタイプは精神的な要因が大きいのは前述したとおりです。精神的なストレスは焦りを生み、射精に至るまでに萎えさせてしまいます。

②のタイプは30代以上に多く、それまでは2回戦目も無理なくできていたのに、1回射精してしまうと、2回戦目に挑めなくなってしまいます。

①のタイプは精神的な要因を解決すること以外に方法はないのですが、②のタイプでは、しっかりと精力をつけていくことで、2回戦目までセックスを続ける持続力が身に着けられるようになります。

といっても精力増強は簡単なことではありません。ここでは精力増強のために実践をオススメしたい内容を10項目にまとめました。是非参考にしてください。

精力増強するためにできる10の方法

精力減退・勃起力、勃起の持続力の衰えの原因がはっきりしたら、次はそれらを解決していくために行動していくべきです。

これら10の方法はすべて精力減退などの原因に基づいたものを紹介します。すぐに効果の出るものばかりではありませんが、実践することによって,間違いなく効果的に働きます。

それではそれぞれ見ていきましょう。

精力増強法①・睡眠時間の確保

精力・勃起力・勃起の持続力のどれをとっても睡眠はとても重要な要素となります。寝ることは健康の基本です。

人間の3大欲求とは睡眠欲・食欲・性欲なのですが、これには明確な位置づけがあり、睡眠欲が最優先されます。次いで食欲・性欲となります。

つまり睡眠欲が満たされていない状態では、ほかの欲求に対して体が積極的に働きかけなくなるのです。

まずは毎日しっかり寝ることを心がけましょう。

デメリット 睡眠時間を確保するために他の時間を犠牲にする必要がある
メリット 効果が出やすい

精力増強法②・適度な運動を心がける

過度な身体的ストレスは、精力減退の原因となりますが、適度な運動は身体の健康状態を維持させるとともに、適度な性欲をもたらせます。それには科学に基づく理由があります。

男性は、適度な運動をすることにより、男性ホルモンであるテストステロンを分泌します。テストステロンは身体を男性的にするだけでなく、性欲をもたらすホルモンでもあるので、性欲が増し、精力増強につながるということです。

さらに適度な運動は精神的なストレスを減退させる効果もあるので、精神的ストレスを減らすことにより、勃起力・勃起の持続力を改善に働きかけます。

デメリット 運動するための時間が必要
メリット 効果が出やすい

精力増強法③・食事内容を変えてみる

食事は、身体づくりの基本です。何を食べ、どの栄養素を摂取しているのかによって、どのような身体が作られていくのかが変わります。

アスリートの食事内容が、種目によって大きく異なることを考えると、当然とも言えます。

それでは精力増強のために何を食べるべきかをピックアップしました。

  • 青魚
  • 赤みのお肉

これは精力・勃起力・持続力増強において必須の食材になります。

加えて、次の食品も重要です。

  • ブロッコリー
  • アボカド
  • くるみ
  • オクラ
  • トマト
  • 納豆

これらの食材はテストステロンの分泌を促し、性欲を増幅させます。タンパク質・脂質・糖質という三大栄養素を含んでいるだけでなく、生のまま、あるいは茹でるだけで食べられる食材です。

それによって栄養素がそのまま摂取されることになるので、精力増強のために特に良いとされています。毎日食べられるという点でも良いですね。

青魚、牛肉を毎日というのは難しいので、それ以外の食材を毎日、青魚・牛肉は定期的に摂取し、セックスをする前日には積極的に食べることを意識すると、より効果的です。

食生活が不規則になっていたり、偏っていたりする場合は、ぜひ実践してみてください。

精力増強法④・適度なオナニー

精力増強のために、オナニーをやめようという意見がありますが、これは大きな間違いです。体に負担がかからない程度であれば、オナニーは積極的にすべきです。

ただしやり方を間違えてしまうと逆効果にもなりかねないので、気を付けてください。

では精力増強のための正しいオナニーとの向き合い方について、見ていきましょう。

オナ禁はしない方がいい

オナニーをしないオナ禁は、短期的に向けた精力促進のためには効果的です。

精子は3日間作られ、それ以上は射精しない限り作られないことになるので、セックスをする3日前からオナ禁というのは効果がみられるでしょう。

しかし、長期的な精力増強や勃起力、持続力の向上を考えると、オナ禁は効果的とは言えません。なぜなら射精⇒精子生成という過程を繰り返さないと射精能力、精子生成能力が衰え、結果として精力も衰えてしまうからです。

人間に限らず、動物は使わない能力は衰えていくものです。運動しなければ筋肉が衰え、勉強しなければ脳が衰えることと同じです。

特に勃起力・勃起の持続力のためには、オナ禁は必要最低限に留めるべきでしょう。

デメリット お金がかかる、食材を調達、調理する手間が必要
メリット 効果が出やすい

オナホを使ってみよう!

オナ禁が精力増強に効果がないことがわかりましたが、逆にオナニーのし過ぎも禁物です。回数というよりも、激しいオナニーをし過ぎるのはよくありません。

過激な想像や理想の気持ちよさばかり追求してオナニーを続けてしまうと、自然にペニスの感度は衰えてしまいます。強い力でペニスをしごくでしょうし、視覚的興奮にも慣れてしまいます。

重要なのはオナニーの仕方です。まず手で握ってしごく際、力は最小限にとどめてください。自分の手では、どうしても強い力で握ってしまい、気持ちよさだけを追求しがちです。

実際のセックスでは感度は手で握る数分の一程度なので、そのくらいの感度に慣れるべきです。さもないとセックス中の持続力は、自然に衰えてしまいます。

最も良いオナニーの方法は、柔らかめのオナホールを使うことです。10代、20代の女性の膣はぎゅっと締め付けるほどの感度がありますが、30代以降ともなると、やわらかくペニスを包んでくれる程度の締め付けになります。

オナホールでもハードタイプのものであれば、それに慣れてしまう危険性があるため、ソフトタイプのものがベストでしょう。

柔らかいオナホールを使い、ゆっくりと時間をかけてオナニーをする、それこそ精力増強に最も効果的なオナニー方法です。時間はセックスと同じ30分程度を目標にするとよいでしょう.

デメリット 恋人には言いづらい、お金がかかる
メリット 楽しみながらできる

精力増強法⑤・禁煙

精力増強や勃起力・勃起の持続力の向上を望む人にとって、喫煙は非常に悪い影響を及ぼします。それはたばこの成分、ニコチンとタールが原因です。

ニコチンは体内で血管を収縮させる働きがあります。喫煙が動脈硬化などの原因になるのは、これが原因なのです。たばこのパッケージにもそのリスクは記載されています。

血管が収縮すると、当然血の巡りが悪くなります。勃起にとって血流がどれだけ重要かはこれまで何度か触れています。

さらにニコチンは交感神経を活発化し、勃起に必要な副交感神経を鈍くさせてしまいます。タールは体内に一酸化炭素を取り入れ、酸素不足の状態に陥らせてしまいます。

酸素不足は疲れの原因になり、精力減退の原因となります。

喫煙は勃起にとってこれだけデメリットがあるため、精力増強のためには禁煙はぜひとも取り組みたい要素です。

デメリット 人によっては非常に難しい、禁煙外来に通う必要もある
メリット 体の健康にとっても良い

精力増強法⑥・禁酒

飲酒も精力増強のためには控える必要があります。これは慢性的な飲酒と、セックス直前の飲酒の両方が当てはまります。

飲酒によってアルコールが摂り入れられると、人間の感覚は低下します。視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の全てが通常時より鈍ってしまうのです。感覚機能が低下すると、当然勃起に至る刺激を感じづらくなってしまいます。

さらにアルコールを分解するために水分を使ってしまうので、脱水症状が起こります。脱水症状になってしまうと、当然勃起どころではなくなります

それではどの程度から影響を及ぼす飲酒になるかというと、ビール2杯程度と言われています。血中アルコール濃度が0.025%程度~0.05%までが勃起を妨げないラインです。

これ以上は感度が悪くなり、勃起に至らない、あるいは興奮により体中にアルコールが巡ってしまい、挿入中に中折れ、となってしまうのです。

ビール2杯程度の適度な飲酒では、勃起の持続には問題ないのですが、やはりお酒は飲まないに越したことはありません。飲む場合はほろ酔い程度にしておきましょう。

デメリット お酒好きな人にとっては辛い
メリット お金が節約できる

精力増強法⑦・チントレ

精力増強のためには、ペニスを鍛えるチントレも効果的です。

そもそもチントレはペニスを大きくする方法ですが、勃起の持続力を高めたい人にも良い影響をもたらします。

チントレには以下の種類があります。

ミルキング

ミルキングは牛の乳を搾るように、根本から亀頭に向かって各指で握りしめて刺激を与えるものです。ペニスの毛細血管に血流が留まり、血管を太くすると言われています。

ジェルキング

ジェルキングは、ミルキングと似ていますが、ローションを使い、しごくように根元から亀頭までペニスを圧迫し、そのまま数秒間留めることで、血流の圧迫、増幅を行うものです。

PC筋トレ

PC筋トレは股間から、肛門の間にある筋肉で射精の際に働く部位だと言われています。スクワットなどでこの部位を鍛えることをPC筋トレと言います。

これらチントレは、ペニスを増大させるとともに、刺激に対しての抵抗を鍛えることで、勃起の持続力の向上をもたらします

ただし効果のほどは目に見えるほどではないため、長い目で見る必要があるでしょう。

デメリット 効果のほどはハッキリとは感じづらい
メリット 空き時間でもすぐにできる

精力増強法⑨・人との出会いを増やす

人と出会いを増やすことで、女性に対しての興味を高め、男性ホルモンの分泌を促すというものです。

パートナーだけではどうしても刺激が足らず、自分の男性としての魅力などを意識する機会も少なくなってしまいます。

そこで、特にパートナーを作る目的でなくても良いので、女性と出会う機会を増やしてみましょう。セミナーや同好会などでも構いません。

いろいろな女性と出会い、話すことは自身の男性力を蘇らせるために良い刺激となるのです。

ただし、現在のパートナーには怪しまれないように工夫は必要です。

デメリット 効果のほどはハッキリとは感じづらい
メリット パートナーにバレないようにしなければならない、時間と手間とお金がかかる

精力増強法⑧・つぼマッサージ

東洋医学では、つぼの刺激も精力増強に効果的であるとされています。

特に効果的なのは「腎兪」と呼ばれる部位です。へその高さで、腰に手を置いて、親指が届くところが「腎兪」です。ここを刺激すると、精力が高まると言われています。

デメリット 効果はいまひとつ感じづらい
メリット 誰でもすぐに実行できる

精力増強法⑩・精力増強サプリ

精力増強・勃起力、勃起の持続力の向上のためにできることはたくさんありました。そしてそれらを踏まえたうえで、最も効果的、かつ短期的な効果が期待できる方法が精力増強サプリです。

精力増強のためには、しっかり睡眠をとる、適度な運動をする、精力のために良い食材を摂ることが基本ではあります。

運動や睡眠などは手軽にできる方法ですが、食事に関しては意外に難しいものですよね。そのデメリットしっかりカバーしつつ、プラス要素を盛り込んだものが精力増強サプリなのです。

精力増強サプリはL-アルギニン・L-シトルリンなど、精力増強に必要な栄養素だけをぎゅっと詰め込んでいるため、無駄なく効率的に精力回復に働きかけます。

例えば、L-アルギニン・L-シトルリンの2つの成分は、同時に摂ったときにはペニスへの血流が促進されるため、強く作用します。

これらは体内に吸収されると一酸化窒素を生成するのですが、これは血管の拡張する作用、血管の柔軟性を高める作用があり、勃起を妨げる血流の問題にアプローチをしてくれます。

そして精力増強サプリメントに含まれることが多い物質に亜鉛もあります。亜鉛は、不足するとEDを促すとされる非常に重要な物質で、海外では良くセックスミネラルと称されます。

また、すっぽんやマカ、トンカットアリなど、天然の精力剤とも言われる成分も多く含まれています。このように、精力を衰えさせる原因に働きかけるような成分がふんだんに盛り込まれているのが、精力増強サプリメントです。

サプリは飲むだけで、手間も時間もかからないのも大きな魅力ですよね!

デメリット 効果の即効性はない
メリット 費用があまりかからない、手間もかからない、精力増強に良い成分が効率的に摂り入れられる

精力回復方法まとめ

精力増強・勃起力の回復・勃起の持続力の向上には、それぞれしっかりとした根拠があり、それに合わせた解決方法もある、ということがわかりました。

大切なことは、これらの精力増強方法をすぐにやめてしまわず、毎日続けていくことです。

精力はセックスのときだけでなく、毎日の生活から作られていく健康の一部なのです。健康な体が作られると、精力はしっかりとついていきます。

そのために、自分で精力回復のための方法をきっちり行うことと、楽にできることは分ける必要があります。

特に、睡眠・適度な運動は自分でしっかり行い、自分では難しい食事は、サプリなどに任せると確実に続けられますよね!

ぜひこれらの方法を実践して、セックスも2回戦、3回戦と続けられるような逞しい自分を取り戻しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!