【ペニス増大方法徹底解説】太く長くでかく大きなちんこへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ペニス増大方法徹底解説】太く長くでかく大きなちんこへ!

ペニスのサイズの悩み…男性であれば誰しも、人前でも動じないくらいのサイズが欲しいものですよね。

人よりも大きさに自信が無いと、修学旅行や温泉などで、思わず隠してしまう…。彼女とようやく初エッチ!!さあ今から…でもこのサイズで感じてくれなかったらどうしよう…。

本当に、ペニスサイズがもっと大きかったら、もっと自信満々でいられるはずなのに…。

この悩み、どうしようも無いって諦めてしまっていませんか?しかし、諦めてしまうのは簡単ですが、ペニスのサイズを大きくする方法は実はいろいろな選択肢があり、効果を実感している方も多くいらっしゃるのです!!

でも、どうせ嘘でしょ?…そんな声も聞こえてきそうです。

たくさんのペニス増大法を試してもうまく行かなかったという口コミを鵜呑みにしてしまうと、そう考えてしまいそうです。

それらは多くの場合、ペニス増大へのアプローチの仕方が間違えていたり、ペニスをでかくするやり方として、正しい方法で実践出来ていないことが多いのです!

これから最後まで読んでいただけると、きっとこれならできそう!って思って頂けるはず!ぜひ、あなたも正しい短小改善方法を身に着け、今より自信に溢れた長く太いペニスを手に入れてくださいね!

大きいペニスのメリット・デメリット

まずはペニスが大きくなるとどのようなメリットがあるのか、それらをしっかりと認識することによって、ペニスを大きくするという課題に前向きに取り組めるようになります。

ペニスを大きくするためには、やはり短期間で済ませられるというものではなく、長期間続ける必要があります

そのためには大きくなった時の明るい未来を、ありありと想像し、モチベーションを高めましょう。これからペニス増大のメリットについてみていきましょう。

大きいペニスのデメリット

ペニスが大きくなることはメリットばかりだと思われますが、そうではありません。

何事もメリットとデメリットがあるので、両方を知っておく必要があります。

ペニスが大きくなることのデメリットは、次の2点です。

  • 長時間のセックスでは痛がられてしまうことがある
  • 大きくなる前より股間が気になってしまう

デメリットを挙げてみましたが、はっきり言って大したデメリットではありません。セックスに関しては、自分の技術次第でどうにでもなることなので、解消できるデメリットでもあります。

しかしもともと遅漏気味の人は、セックスに関しては少し困るかもしれないので、頭に入れておいてください。

大きいペニスのメリット

ペニスが大きくなるメリットは、ずばりこの2つです!

  • 自分に自信がつく
  • セックスの時、大きい方が喜ばれる

たった2つとはいえ、この2つが人生にもたらす効果は絶大なものです。

男性にとってペニスの大きさは自己の象徴のようなものです。これは人間も動物なので、繁殖力=男性力ととらえるのは当然のことです。

ペニスの大きさは、自分に男としての自信をもたらしてくれるシンボル的な意味があり、女性に対しても臆することなく、積極的になれるというメリットがあります。

とりわけセックスに関して、自信をもってペニスを見せられるという余裕は、女性をセックスに誘う場面で大きな後押しとなるでしょう。

ペニスを大きくするために

ペニスを大きくする方法を知る前に、まず知っておかなければならないことがあります。

何事も焦りは禁物です。まずはしっかりと概要を押さえてから実践することが成功のカギとなります。

ペニスが勃起するメカニズム

まずペニスがどのように勃起状態になるのかを知ることは必要で、ペニス増大のために何をしなければならないのかがはっきりします。

ペニスには骨がありません。では、勃起するとまるで骨が入ったようにカチカチになるのはなぜかというと、ペニスの中にある3本の海綿体が血液で満たされるからです。

海綿体は左右2本の陰茎海綿体と、中央にある尿道海綿体があります。海綿体は一般的にスポンジのような状態であると言われます。

海綿体は、毛細血管が海綿状に入り組んでいるため、そこに血液が流れると、まるで乾いたスポンジが水を吸収し膨れるような反応が起こるため、そう呼ばれています。

興奮信号が脳から発信されると、性交の準備としてペニスを勃起させようと血流をペニスに巡らせます。

血流はペニスで海綿体に吸収されて増大し、内部がパンパンに満たされ、勃起状態になるのです。

ペニスを増大させるメカニズム

ペニスは血流を促進すること、さらに海綿体の毛細血管を拡大させ、吸収される血液量を増やすことで勃起するというメカニズムがあります。

このことから、ペニスを大きくすることは可能であることが導かれます。

さらにどんな男性でも子どものときに比べると、ペニスが大きくなっていることは間違いないですよね。

これは加齢とともに成長ホルモンが分泌され、身体とともにペニスも大きくなるからです。当然成長ホルモンの分泌は18歳ほどで急速に減退しますが、積極的に成長ホルモンを分泌させることで、ペニス増大には作用されることになります。

さらに成長ホルモンは若いうちほど分泌しやすいので、若ければ若いほどペニス増大の方法の実践の効果は高くなるでしょう。

日常生活で出来ること

それでは、ペニスを大きくするために日常生活でできることを紹介します。

効果に即効性はなく、目に見えるほど大きな効果というわけではありませんが、複数の方法を並行で実践することで、効果は高められることになります。

難しいことではないので、意識的に実践してみましょう!

食事を改善する

デメリット 時間・費用・手間がかかる、効果が出るまでの時間が長い
メリット 効果が出やすい、ペニス増大以外にも効果的

食事・生活習慣は、ペニスを大きくするためにとても重要な要素なのですが、やはり時間がかかってしまうというデメリットがあります。

その手間と引き換えに効果を発揮するのです。実はこのデメリットは、ペニス増大サプリを使って補えるものです。

詳しくはこちらをご覧ください。→ ペニス増大サプリについて

次にメリットですが、食生活を改善することで得られる増大効果は、時間こそかかるものの、効果を感じられる可能性が高いという点です。

ペニスを大きくする過程で、男性ホルモンを活性化させることはとても重要な要素です。男性ホルモンは、食べ物から得られる栄養素を基に作られるので、食事によって大きく変わります。

男性の精力やいわゆる「男性らしさ」は、テストステロンというホルモンから形成されるものです。このテストステロンはコレステロールから生成されます。

つまりコレステロールを摂取することによって、テストステロンを効率よく作り、より「男性らしく」変わるのです。これはペニスを大きくするという目的をしっかり支えてくれる要素です。

ちなみに、テストステロンの分泌を促進するために良い食べ物は、これらが代表的なものとなっています。

  • 牛肉
  • 青魚
  • 牡蠣
  • 生卵

さらに補助食品としてこれらの食品も食事に取り入れるとよいでしょう。

  • 納豆
  • ブロッコリー
  • アボカド

ただしこれらは食べるだけでなく、食べた後にしっかりと栄養素を取り入れるために、睡眠や適度な運動を行って、初めて効果を表します

食事とともに、これらの生活習慣を正すことも心がけましょう。

それによって、ペニスを大きくする以外に精力がつく等のメリットも得られます。

正しいオナニー方法を心がける

デメリット 自分が最も気持ちいいというオナニーができない可能性がある、あくまで補助的な効果である。
メリット 実践しやすい

ペニスを大きくするために、オナニーをすることは実は非常に良い影響をもたらします。

日本性機能学会によると、自慰行為は男性ホルモンを多量に分泌させ、射精とともに下がっていくという研究結果がでています。

つまりオナニーは男性ホルモンの分泌を促すことにつながるのです。これはペニスが大きくなることや精力をつけることと、密接に関係しています。

適度にオナニーをすることは男性ホルモンの活性を促すので、ぜひ積極的に実践しましょう。

こちらの方法のメリットはすぐに実践できるところです。思い立てば今日から実践可能です。

ただし、オナニー方法を改善することは、そのままペニスが大きくなることに直結するわけではないので、あくまでペニス増大の一助として捉えると良いでしょう。

チントレ

ペニスを大きくする方法として、チントレをご紹介します。

チントレとはずばり、ペニスを物理的に鍛えて大きくするというものです。

「トレ」は「トレーニング」のことですが、決して厳しいものではありません。

それではチントレの方法とそのメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

ミルキング

ミルキングはペニスを圧迫してペニス内の毛細血管に血を送りこみ、その状態を保つことで、毛細血管を拡大させるという方法です。

やり方はとても簡単です。

  1. 勃起状態のペニスを軽く握る。
  2. 根本(小指)から先に向けて順に圧を強めていく。
  3. 少し強めの圧をかけながらその状態を十数秒キープ
  4. これを一日5セット程度行う

ミルキングはそのやり方が乳牛の乳しぼり(ミルキング)に似ていることからそう呼ばれます。ミルキングを行うと、亀頭が血液で満たされ、パンパンに膨れます。この状態を勃起時もキープさせることが狙いです。

ただし、とにかく圧をかけたら良いということではなく、適度な圧で行うことが重要です。強く握りすぎないように気を付けてください。

デメリット 確実な効果は期待できない
メリット 実践が簡単

ジェルキング

ジェルキングはミルキングと理屈は同じです。ただし、指で絞るように圧をかけるのではなく、ローションなどを使って、ペニスを絞り上げるようにして圧をかけます。

ミルキングが指だけで搾りあげるのに対し、ジェルキングは手全体でしごきあげるようにします。ミルキングよりも圧がかかるため、効果が期待できる一方、ペニスにかかる負担も大きいため、適切に程度を見極めて行う必要があります。

デメリット 確実な効果は期待できない
メリット 実践が簡単

PC筋トレーニング

チントレとして特に有名なのは、PC筋トレです。

PC筋とは、肛門と睾丸の間にある筋肉のことで、排尿、排せつに関係のある筋肉です。一方勃起や射精、ペニスの大きさにも関りがあるとされています。

このPC筋を鍛えることで、ペニスの大きさを増大させ、さらに勃起力や射精力を高めようとするのが、PC筋トレです。

PC筋トレーニングの方法

  1. 肛門にぐっと力を入れる
  2. 力が入った状態を5秒ほどキープ
  3. 力を緩めて5秒キープ
  4. これを時間があるときに繰り返し行う

これは非常に簡単で、働きながらでも実践出来てしまいます。いつでもどこでもできるというメリットはとても大きいですね。

AV男優のしみけんさんも筋トレを勧めており、下半身にはスクワットが良いと仰ってました。スクワットはPC筋も鍛えられるため、継続的なトレーニングでしっかりとペニス増大の方法として実践しましょう!

参照: https://youtu.be/l65dSGqitmY

デメリット すぐに効果を期待できない
メリット いつでもどこでもトレーニングできる、ペニス増大以外にも効果的

ペニスを増大する方法としてチントレをご紹介しました。どれも道具などを使わずに気軽に取り組めるという点では非常に実践しやすい方法でした。しかしその反面、あまり大きな効果を期待できるものではありませんでした

次にご紹介するペニス増大器具は、チントレ以上に効果を期待できるものです。それでは説明していきましょう。

ペニス増大器具

ペニスを大きくする方法に、専用の器具を使うというものもあります。

器具は大きく2種類に分かれているので、各増大器具について使い方と、その効果、メリット・デメリットを紹介していきましょう。

牽引型

ペニス増大器具のうちの一つが牽引型と言われるものです。

これは、ペニスに固定する形で使用する器具となります。仕組みはとても簡単で、ペニスをしっかり固定して、左右のばねの力で引っ張る、というものです。

太さではなく、長さを大きくしようという器具ですね。引っ張った状態を持続させて定着させるものなので、長時間ペニスに固定し続ける必要があります。

ペニスを引っ張り続けて本当に長くなるの…?と疑問に思うかもしれませんが、器具を使うペニス増大方法としては、唯一実験によりその効果が認められています

【4月20日 AFP】ペニスの小ささに悩む男性のためのペニス伸張法について、器具を使う方法の一部は効果が認められるものの、痛いだけで効果が全くないものもあるとする論文が今週、英国泌尿器科医師会(British Association of Urological Surgeons)の学術誌に発表された。
参考:「ペニス伸張法「一部は効果的」、伊論文 | AFPBB News」

イタリア、トリノ大学で行われた実験は、被験者約100人に牽引型の器具を1日4~6時間取り付けて4~6か月間過ごさせるというものでした。結果は平均約2センチ長くなった、ということでした。

実際に実験で効果が出ていることはとても素晴らしいのですが、一日4~6時間牽引器具を付け続けなければならないのは、少し煩わしく感じるかもしれません。

とにかく2センチでも確実に伸ばしたい!!という人は、使用してみるのも良いかもしれません。

デメリット 時間・手間がかかる、痛みがある可能性がある、太さではなく長さが伸びる
メリット 確実に効果が期待できる

ポンプ型

実は先に言っておきますが、このポンプ型のペニス増大器具は全く効果がありません。ペニスを大きくしたい!という疑問に答えを出そうとすると、必ずこのようなポンプ型の器具が紹介されるのですが、実験でも全く効果がないことが立証されています。

効果がない、という前提でポンプ型の器具をご紹介させていただきます。

ポンプ型の器具はペニスを挿入する筒の部分と、そこから空気を抜くポンプ部分につながります。仕組みは、ペニスを筒部分に挿入して、密閉し、ポンプを使い空気を抜くことで、ペニスに圧をかけて伸ばそうというものです。

仕組みとしては非常に理解できますが、残念ながら実験の効果はない、ということがわかっています。

手間がかかるうえ、あまり強くやりすぎると、皮が伸びてしまい、包茎が悪化したり、場合によっては壊死することも考えられます。

増大方法としてよく紹介されているので、こちらでも紹介させていただきましたが、効果がない、ということを今一度理解しておきましょう。

ただし、精神的に大きくなったと感じることはあり、その場合自信につながるので、決して全くの無駄ではない方法とも言えるでしょう。

デメリット 実際の効果はない、使い方を誤るとペニスを傷つける可能性もある
メリット 精神的な満足感を得られる

ペニス増大手術

ペニスを増大させる方法として、確実な効果を得られるものがペニス増大手術です。メリットが大きい分、デメリットも大きいので、正直なところあまりオススメはできません。

しかし選択肢の一つになりえるため、ご紹介しておきます。

フィラー剤注入

フィラー剤とはとはヒアルロン酸の一種です。基本的には人体に無害なもので、これをペニスに注入することで、陰茎を大きくするというものです。

しかし、人工物を注入するので、定着されないことや、炎症を起こす場合もあります。

脂肪注入

フィラー剤と要領は同じですが、より定着させやすくするために、患者の脂肪を注入する方法となります。フィラー剤と違い、身体の一部分を再移植する形になるので、フィラー剤より定着しやすいものと言われています。

ただし必ず定着するというわけではなく、同じように炎症を起こし、部分壊死を起こす危険性も考えられます。

シリコンボール

ペニスを増大させるのではなく、シリコンボールを移植し、ペニスをごつごつにするというものです。

セックスにおいては、接触する表面に強弱ができるため、まるで人工のバイブやディルドのような気持ちよさになります。

ただしこちらも人工物を移植するため、拒絶反応を起こす可能性は否定できません。

長茎手術

長茎手術はペニスの太さではなく、長さを伸ばすための手術です。ペニスは見えている部分は身体から飛び出ているものの、ほとんどの人は、その根元にはまだペニスが埋もれているのです。

手術によって、その埋もれている部分を外部に出すことでペニスの長さを伸ばす、というものです。

手術によって、根本を切る方法と切らずに糸でとどめる方法があります。

ペニス増大手術のデメリット

ペニス増大手術のデメリットは次のようなものです。

  • 費用が高い
  • 失敗の可能性がある
  • https://fit-j.jp/wp-admin/edit.php?post_type=page

  • 痛みを伴うものもある
  • 壊死や勃起不全の可能性もある

まずペニス増大手術は非常にコストが高いです。安くても30~40万円、高いものでは100万以上かかります。

さらに手術が失敗する危険性もあります。失敗といっても手術そのものの失敗だけでなく、その後の経過により、結局ペニスが大きくならなかったり、キズが残ってしまったりするものもあります。

運が悪いと機能不全になってしまい、大きさどころの話ではなくなってしまいます

これらの点を含めると、やはりペニス増大手術をオススメすることはできません。効果に比べてリスクが高すぎるのです。

ペニス増大手術のメリット

ペニス増大手術のメリットは次のものが挙げられます。

  • 確実な効果が期待できる
  • すぐに増大を実感できる

これ以外にないというメリットです。ペニス増大手術以外の方法は、効果に即効性があるわけではなく、長期的に取り組む必要があります

効果を実感するまでに少なくとも数か月かかるため、毎日大きさをきっちり測らないと、どれくらい効果が出たのかがわかりません。

ペニス増大手術はそれらを全て補うメリットがあります。

しかしデメリットで書いたとおり、万が一のリスクが非常に危険であるという事を理解する必要があるでしょう。

それでは、あらゆるペニス増大方法の中で、最もバランスのとれた方法は何なのでしょうか?それは、ペニス増大サプリです。

ペニス増大サプリ

ペニスを本気で大きくしたい!食事・手術…どれも効果があるのはわかるけど、正直手間も時間もお金もかけたくない!!!そう思っている方にはペニス増大サプリが非常にオススメです。

ペニス増大サプリは、手間がかからない!効果が出やすい!などのように、ペニス増大に最も効率よくアプローチしてくれる方法です。

昼食後や就寝前など、好きなタイミングでサプリを飲むだけです。当然サプリを飲むだけなので、ほかの増大方法と併用出来るというのもポイントです。

趣味のジョギングと合わせて、増大器具と合わせて…それによって、増大効果もより加速させられるのです。

今よりも猛々しく勃起したペニスを想像してみてください。後述しますが、大きさだけでなく、硬さもカチカチになるという、副次効果も見逃せません。勃起している!と強く実感できるというのは、男性としての自信もつき、魅力もアップさせてくれます。

そしてペニス増大サプリを使った増大効果は、勃起時に最大限発揮されるのです。いわゆるバッキバキのペニスというやつですね!

パートナーとのセックスのときこそ、最も力を引き出せるという、まさに理想の効果というわけです。

しかしあまりにペニス増大サプリばかりを持ち上げすぎるのは、私自身よくないと思っています。

世の中のすべてには良い面・悪い面があり、それをしっかり判断したうえで判断すべきだと考えているからです。

まずはペニス増大サプリのメリット・デメリットをしっかりと押させていきましょう。

ペニス増大サプリのデメリット

  • 効果を実感できない人もいる
  • 多少の費用はかかる
  • 中には粗悪品も含まれる

ペニス増大サプリは決して万能ではありません。栄養素からのアプローチなので、個人差があるのは当然です。

また、長期的に続ける必要があるので、ある程度の出費は必要です。

そして、ペニス増大サプリメントには、粗悪品が売られているという問題があります。悪徳業者によるサプリメントや、海外のサプリメントなどはかなり怪しいものが多いです。

大切なことは、商品の原材料表記をみて、アルギニン・シトルリンなど、ペニス増大に効果的な成分がしっかりと含まれているものを見分けることです。アルギニン・シトルリンが入っているということは、ペニス増大サプリメントとして欠かせないことです。

その点当サイトでは、アルギニン・シトルリン・マカ・トンカットアリ・すっぽんなど、非常に理論的な根拠がしっかりとした成分が配合された、信頼性の高いサプリメントを厳選して選んでいます!

ペニス増大のためのアプローチとして、是非摂り入れてみてくださいね!

ペニス増大サプリのメリット

  • 手軽に服用できる
  • ペニス増大に必要な成分が効率的に摂り入れられる
  • 効果に比べて費用が安い
  • リスクがない

ペニス増大サプリにはこれだけのメリットがあります。まず、ペニス増大に効果的な方法として食事改善を紹介しましたが、食事を用意する手間や、食材の費用などを考えると、継続することの難しさが分かると思います。

ペニス増大サプリは、ペニス増大に必要な栄養素をぎゅっと詰めているので、わざわざ効果的な食材を集める必要がありません。

それに食事と一緒にサプリとの併用も可能なので、食事+サプリで相乗効果という事も考えられます。それによって、より多くの必要な栄養素が摂取されるということは言うまでもありません。

それにペニス増大に効果的な栄養素ばかりを配合されているので、無駄なくダイレクトに働きかけてくれます。

そもそもなぜペニス増大サプリでペニスが大きくなるのでしょうか。それはペニス増大サプリの多くには、アルギニン・シトルリンという成分が多く含まれているからです。

男性の体は脳が性的刺激を認識することで、一酸化窒素合成酵素が活性化し、血中のアルギニンがシトルリンに変換されます。その際に一酸化窒素が発生するのです。

一酸化窒素がペニス付近の血管で発生すると、血管壁に作用し、血管を広げようとします。血管が広がると、当然多くの血流がペニスに向かって流れるので、それだけペニスが大きく勃起するのです。

つまり大きく勃起するために、血中にアルギニンがたくさん必要なのです。さらにシトルリンは体外から摂取することで再びアルギニンへと変換されます。これら勃起に欠かせない成分をたくさん摂取することで、ペニスの増大効果に貢献してくれるのです。

さらに勃起すると、海綿体平滑筋というペニスへの血流を防止する筋肉が働きます。一酸化窒素は勃起時に環状グアノシンリン酸に変換され、この海綿体平滑筋を緩める働きをします。

つまり、より多くの血液がペニスに流れることとなります。

勃起を助ける薬というとバイアグラを想像しますが、バイアグラは、環状グアノシンリン酸を分解するPED5の分泌を阻止する働きがあるのです。それほど一酸化窒素、そして環状グアノシンリン酸は、ペニスの勃起と大きさにとって大切だということです。

精力のためによいと言われるマカやクラチャイダムなどはアルギニン・シトルリンをたくさん含むため、増大アプリに用いられています。

良いペニス増大アプリには、シトルリンとアルギニンが必ず含まれています。これはシトルリンとアルギニンは相乗効果を発揮し、血管拡張効果を促進するということがわかっているからです。これによりペニスに流入する量がぐっと増えることになります。

もちろん体に有害なものは含まれていないので、機能不全などのリスクも考えられません

これだけのメリットを考えると、費用対効果の視点からもコスパは非常に良いことがわかります。

またチントレ等、お金のかからない増大方法と一緒に実践していくことも可能で、より効果的なアプローチも出来てしまいます。

ペニス増大方法のまとめ

自分のペニスは大きさが十分あって、パートナーを喜ばせて夢中にさせたいですよね。

その気持ちは男性として当然の気持ちです。大切なのは何をしたら、どのような効果があるのか、ということをしっかりと理解することです。

ペニスを大きくしたいといって、がむしゃらになんでもしてしまうと、取り返しがつかないことになることもあります。

ペニス増大手術・ペニス増大器具は確実な効果を伴う代わりに、大きなリスクをはらんでいます。お金もかかってしまうため、私は最初に試す方法としてオススメできません。

想像してみてください。ペニスの機能を失う、ペニスに傷が残る。とんでもない心の傷も背負うはずです。

試せるものから試し、効果を実感出来たら、それを持続する!それがベストなのではないでしょうか。

ペニス増大サプリはその点で非常に優秀です。ローリスクハイリターンな増大方法です。しかしそれを逆手にとって「そんな楽なものに効果はない!」と主張している人もいます。

ネットで検索すると、そういった情報が溢れています。

しかしその人たちは本当にサプリを試したのでしょうか?いや、「信頼出来るサプリ」を使用したのでしょうか?

ペニス増大はどの男性も望んでいることです。「出せば売れる」商品であることも間違いありません。そこに目を付け粗悪品を売っている業者もたくさんいます。とにかく成分量を増やし、「お得感」を演出させている商品はほとんどが粗悪品です。

良質なペニス増大サプリはシトルリン・アルギニンを中心に、マカ・トンカットアリ・すっぽんなど、重要な成分に厳選されていることが多いです。しかしそれらが十分に含まれているからこそ、正しく増大に働きかけられるのです。

私たちはそういった粗悪品を販売している業者に対して怒りを感じています。正しい理論に基づいたアプローチから増大サプリを作り、正しい価格で販売している会社が報われないからです。

私たちは「信頼出来るサプリ」が何か、しっかりと把握しています。

本気でペニスを大きくしたい方はぜひこちらのページで本当に効くペニス増大サプリを見てください。 → ペニス増大サプリランキング

以前より明らかに形が猛々しい!妄想していたような強い挿入感を感じられる!硬さが尋常じゃない!夢に描いていたペニスが数か月の努力で手に入るのです。

当然「誰もが」という甘い言葉は使いません。ただし可能性としてなによりも高いということはお伝えしておきます。

ペニス増大サプリと適度な運動、チントレなどを組み合わせることで、夢のペニスが待っているかもしれません。ぜひ試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!